コウモリ被害を受けているかも?

と感じたら早めに点検、駆除した方がいいと言われています。それは、コウモリが家に棲みついていると人間に害が及ぶからです。特に高齢者や小さな子どもは健康被害を受けやすいため、気づいたらすぐに対処する必要があります。

コウモリ被害のことなら、コウモリ駆除のプロ

「コウモリ駆除navi」

がおすすめです。

こちらは24時間365日、日本全国どこでも電話1本で受付可能。

自分では怖くて何もできない何かに感染したらと思うと不安と悩む前に、コウモリ駆除の専門スタッフにお任せしましょう。まずは無料問い合わせをしてみてください。

→早速問い合わせてみる

コウモリの駆除は市役所や保健所には頼めない?

結論から言うと、市役所や保健所などの行政が相談窓口を設けていたり、駆除のサポートをしてくれる場合もあります。しかし、各自治体によって対応はさまざま。

まずは自分が住んでいる地域ではどのような対応となるのか、役所のホームページで確認したり、電話で問い合わせたりしてみましょう。

また、役所に依頼して駆除できたとしても、業者に依頼するのとは違ってアフターフォローがないなどのデメリットも存在しますし、再びコウモリが戻ってきてしまって被害に遭うというケースもあります。そのため、確実に駆除してしまいたいのであれば

業者に依頼する方が効率的です。

業者に依頼すると以下のようなメリットがあります。

  • コウモリが棲みついた原因がわかる
  • 確実にコウモリを駆除できる
  • 侵入経路を塞いで再発防止ができる
  • フンの掃除や除菌までしっかり行ってもらえる

コウモリ駆除naviならコウモリを追い出し、侵入経路を塞ぎ、フンの掃除や侵入経路の除菌をするところまですべてセットとなっています。このように、一度の依頼で完了するのはとても魅力的です。

気になる駆除料金や費用は

コウモリ駆除料金の相場は8,000~30,000円です。

安いところだと1箇所8,000円以下で駆除可能の業者もありますが、被害状況に応じて金額が上がっていく仕組みなので、総額で見ると費用が高くなる可能性があります。

駆除や再発防止、清掃、除菌までがセットになっているプランでは30,000円程度が相場となっていますので目安として覚えておくといいでしょう。

コウモリ駆除naviではセットプランで30,000円~という価格設定になっています。

被害状況に応じて30,000円を超える場合もありますが、見積もり時に明確な金額を提示してもらえるので納得いかなければキャンセルしてもOKです。また、見積もり後は追加費用がかかりませんので安心して依頼できます。

駆除に関しては安ければいいわけではなく、料金だけで業者を選んだら駆除ができてなくて再発したというケースもあるので注意が必要です。駆除後コウモリの死骸を処分しきれていなくて、死骸が腐った臭いに苦しめられたというトラブルも起きています。

料金だけでなく、高い技術力があり適切な対応ができるかどうかも見極めて依頼しましょう。

→コウモリ駆除naviに問い合わせる

駆除するのに最適な時期っていつ頃?

コウモリ駆除に最適なのは4~6月、9~10月の間です。

コウモリは7~8月に出産、育児をします。出産後に駆除しようとしてもまだ飛べない小さなコウモリを完全に追い出すことは難しく、傷つけてしまったり殺してしまったりすることにつながります。

さらに、親コウモリが逃げ出し、子どものコウモリが巣に残っている状態で侵入経路を塞いでしまえば、親コウモリが巣に戻れなくなり、子どものコウモリはやがて餓死してしまうでしょう。

そうすると死骸が残ってしまい、腐ったりカビが発生したりするのです。それを避けるためにも春のうちに駆除をするのがベストだと考えられています。

また、11~3月はコウモリのコウモリの冬眠時期です。冬眠中はコウモリの動きが鈍く追い出すのが難しいため、冬眠前に駆除した方がいいと言われています。

しかし、夏場や冬場でも駆除してほしいという場合もあるでしょう。

コウモリ駆除naviでは365日受付

しているので、まずは相談してみてください。

コウモリを自分で駆除するグッズは効くのか

業者に依頼せずに何とかならないかな?と考える方も少なくありません。自分で駆除するのに使うグッズは効果があるのでしょうか?

蚊取り線香で駆除できる?

コウモリは蚊取り線香の匂いを嫌うと言われています。そのため、蚊取り線香の煙で追い出すという方法もよく挙げられているのです。しかし、それだけで追い出すにはずっと煙を出し続けていなければならず、やめた途端にコウモリが戻ってきてしまいます。

また、煙の量が少なければ効果がほとんど出ないので、いくつもの蚊取り線香を同時に焚く必要があるでしょう。

コウモリ駆除スプレーとは

スプレータイプのコウモリ用の忌避剤はコウモリが寄り付かなくなるという効果を発揮します。一般家庭によくある殺虫スプレーと形状が同じなので使いやすいでしょう。

使い方としては、コウモリがいるところにスプレーを噴射するだけです。一時的な効果ではありますが、コウモリが逃げ出した後に侵入経路を塞いでしまえば戻ってくることはできません。

また、何度も違うところから侵入されたり、戻ってこようとしていたりしているのであれば、居心地が悪くなるまで定期的にスプレーを噴射し続ける必要があります。

成分は天然ハッカ油などで、コウモリが嫌いな匂いがします。この匂いが嫌いな人はいますので、特に匂いに敏感な方はマスクをするなどして過ごすことになるでしょう。ただ、匂いがあるだけで害があるわけではないため、小さな子どもやペットがいるご家庭でも使用できます。

磁石を使って撃退できる?

視力が弱く超音波を使って状況を把握する習性があることを生かした駆除方法です。しかし、確実に効果があるわけではなく、あくまでもそのような説もあるというふうに捉えておくといいでしょう。

実際コウモリが使用している超音波と磁石による磁場は無関係とも言われています。どうしても試してみたい方は、100均などで購入できる磁石を侵入口の前に置いてみてはいかがでしょうか?その際はできるだけ強力な磁石を選ぶことをおすすめします。

超音波は効くのか

超音波を出すことでコウモリを一時的に混乱させることができると考えられています。しかし、超音波がコウモリに当たらなければ効果はあまり期待できません。

市販のものでは、コウモリやネズミ、ゴキブリやシロアリなどの駆除にも効果的とされる専用の超音波機器があります。人間には聞こえない周波数の超音波だと書かれていますが、耳に違和感を覚える方や体調不良になる方もいますので使用時には注意しましょう。

コンセントにプラグを差し込みスイッチを入れておくだけで24時間超音波を発生させるため、面倒なことはしたくないという方にぴったりの駆除グッズだと言えます。

コウモリ駆除に関しての法律はある?

コウモリ駆除に関係がある法律が1つ存在します。それは鳥獣保護管理法です。この法律は、鳥獣の保護を目的としたもので、鳥獣の中にはコウモリも含まれています。よって、コウモリを殺傷、捕獲することは禁止されているのです。

駆除という言葉を使っていますが、コウモリ駆除に関しては追い出すという意味で使用されているので注意しましょう。決して自己判断でコウモリを捕まえたり殺したりすることのないようにしてください。もしも捕獲等してしまうと、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

自分で駆除したいと考えているのであれば、触れることなく追い出せる方法のみ実施してみてはいかがでしょうか。

→コウモリ駆除naviに問い合わせる