どうにか鳩を駆除してもらいたい!

こう考えた時、気になるのは駆除にかかる料金でしょう。どんなことをするのにいくらかかるのかが未知だと、なかなか踏み切れないということも多いです。

ここでは、駆除を依頼した際の料金相場をはじめ、自分でできる駆除の方法などもご紹介しております。鳩の被害は早期対策が必要です、ぜひ対処時の参考にしてみてください。

ハトの駆除を格安に
優良な業者に依頼するなら


≫鳩駆除を依頼する≪
Webからでもお電話からでも問い合わせ可!

鳩駆除の料金相場

困っている人の足元を見て高額な費用を提示する悪徳業者もいます。そこで、鳩の駆除にかかる料金の相場はいくらくらいなのか、料金は何によって決まっているのかをまとめてみました。

料金は被害を受けている場所によって総額が異なります。マンションなどのベランダであるなら、駆除や洗浄、対策を含めて3~5万円程度が平均です。一戸建てであれば被害を受ける範囲が広いことが多いため少し費用がかさみ、5~8万円程度となっています。また、高所作業になる場合は足場が必要だったりするため費用が上乗せされるので注意してください。

覚えておきたいのは、

  • 鳩の被害の程度や範囲
  • 鳩の糞の蓄積量
  • 鳩駆除に用いる対策

この3つによって料金が変動するということです。被害を受けている面積がどのくらいなのか、糞はどの程度溜まっているのかなどによって洗浄したり対策したりする範囲が違います。鳩によって汚れた面積が広ければ広いほど費用はかかると考えていいでしょう。

また、被害の程度によってどの対策を取るのかを決めてもらうのですが、その内容によっても料金は変わります。見積もりを出してもらったら、何にいくらかかっているのか項目ごとに細かくチェックしておきましょう。

鳩は巣ごと駆除してもらおう

鳩による被害はいくつかのレベルに分類されており、休憩場所として鳩が寄り付くようになってしまっていることもあります。しかし巣を作られてしまうと被害はより拡大し、深刻な状態に陥ってしまうでしょう。

もし鳩が巣を作っているのであれば、その巣ごと駆除してもらう必要があります。鳩は害のない鳥に思われがちですが、鳩の巣や糞には健康上悪影響を及ぼす病原菌やダニなどのアレルゲンが含まれているのです。

今すぐに影響が出るわけではありませんが、ずっとそのままにしておくと抵抗力が弱い高齢者や子どもが感染したり喘息を起こしたりする危険性があります。また、健康な成人でも免疫力が低下している時などには被害を受けやすくなってしまうので注意しなくてはいけません。

被害が大きくなる前に、

なるべく早く巣ごと駆除

してもらいましょう。

ハトの駆除を格安に
優良な業者に依頼するなら


≫鳩駆除を依頼する≪
Webからでもお電話からでも問い合わせ可!

鳩の駆除を市役所などの行政に頼めるか

駆除を行政に依頼、相談しても対応してもらえないことがほとんど。なぜなら、鳩駆除は法律によって制限されており、許可なしに捕らえたり殺したりすることが不可能だからです。ただし、何もしてもらえないのではなく、個人でできる対策や専門の業者については教えてもらえるでしょう。

また、県知事に許可を得ていれば捕獲や駆除ができるので、行政に申請についての相談をすることができるようになっています。そのためにはまず住んでいる都道府県の条例をチェックしましょう。もし条例でドバトの駆除を許可してもらえる対象になっていれば個人での駆除も可能です。

鳩を駆除する法律とは

鳩の被害に遭っていたとしても簡単に鳩を駆除することはできません。それは鳩が鳥獣保護法という法律に守られているからです。鳥獣保護法とは、野生の鳥類や哺乳類を殺したり傷つけたり、あるいは捕獲したりすることを禁止する法律です。許可を得ている業者などはその限りではありません。

鳩には種類があり、よく街中で見かけるのはドバトです。鳥獣保護法によって、ドバトを勝手に捕獲したり殺したりして駆除しようとすると違法とみなされ、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となってしまうので注意しなくてはいけません。巣がある場合は巣を壊したり撤去したりすることも違法になります。

そのため鳩による被害で困っている場合は、許可を得た業者に依頼するか自分で予防、鳩よけするしかありません。基本的に個人が捕獲したりしたりして解決することはできないので覚えておきましょう。

ハトの駆除を格安に
優良な業者に依頼するなら


≫鳩駆除を依頼する≪
Webからでもお電話からでも問い合わせ可!

自分でできる鳩駆除や撃退の方法とは

なんとか自分で鳩よけをしたり、巣を作られるのを予防したりすることができないのでしょうか?

基本的に鳩の駆除は業者にお願いした方が安心でき、自分であれこれやってみるよりも効率よく安価で済ませることができると言われています。

→見積り内容を見てから決めたい方にもおすすめのサービス

しかし、まだそこまで本格的な被害を受けていない状態であれば、自分でできる撃退方法もあるのです。それが鳩を撃退するグッズの活用。どんなグッズをどのように使えばいいのか見ていきましょう。

鳩駆除のグッズ

ここでご紹介するのは、鳩を完全に駆除したり巣を破壊したりするグッズではありません。個人で使用可能で、なおかつ鳩よけが期待できるというものについてまとめています。

覚えておいていただきたいことは、グッズの使用はあくまでも巣を作られる前の段階がおすすめということです。鳩は帰巣本能がとても強いので、すでに巣を作られている場合は何としてでも巣に帰ろうと突破されてしまいがち。それを踏まえた上でグッズを使用して効果を確かめてみてください。

ベランダネットでの鳩対策

ベランダに巣を作られたり、寝に来たりする場合は被害が大きくなってしまいます。日中だけでなく早朝や夜間も騒音があったり、長時間居座ることで糞の量が増えたりするのです。さらに居心地のいい場所と覚えられているため、なかなか居なくならないという状態に陥ってしまうでしょう。

このように被害レベルが高い場合は、ネットで鳩の侵入を防ぐことが最も効果的です。ベランダ全体をネットで覆い、侵入経路を断つのです。

ネットは鳥よけに作られたものを使用するのが一番とされていて、選ぶ基準は以下のようになっています。

  • 丈夫な素材で出来ている
  • 目立ちにくい
  • 取り付けやすく外れにくい

外に取り付けておくものですので、雨風にさらされ、直射日光が当たり、鳩が侵入しようと引っ張ったりすることを想定し、丈夫なネットを選ぶ必要があります。また、1人でも取り付けられそうかというのもポイントです。ネットによって取り付け方は様々なので、自分のやりやすいもの、住居に合ったものを選びましょう。

外観を気にする場合はグリーンなどの一般的なカラーではなく黒いネットがおすすめです。紐の太さもできるだけ細めのものを選ぶといいでしょう。特に人目に付きやすい位置にあるベランダは、鳩の侵入を防ぐのはもちろん見た目も重視したいものです。

マンションでの鳩よけ施策は

高所に寝る場所を確保し巣を作れば安全と知っている鳩。マンションは格好の餌食となってしまいます。しかし、そのマンションによっては鳩対策のネットを使用禁止としていることも。それは外観の問題であったり、設置方法によったりもするのですが、ネット以外の鳩よけ施策がないわけではないので安心してください。

  • 忌避剤を塗布する
  • 鳩よけ用の剣山を設置する

忌避剤はまだ巣のない状態であれば有効です。種類がいくつかあり、散布・塗布するスプレーやジェルタイプと吊り下げるだけの固形タイプから選べます。定期的に塗り直したりしなくていい固形タイプは忙しい方におすすめですが、ジェルタイプが最も効果的なのでダブル使いしてもいいでしょう。

剣山は鳩よけ用のものが売られていて、素材は樹脂かステンレスがほとんど。より効果を期待するなら耐久性に優れているステンレスがおすすめです。また、ピンがより長く密集しているものを選ぶと鳩がとまれず寄り付かなくなる傾向があります。

鳩よけのスプレーのメリット・デメリット

鳩よけのスプレーと言えば忌避剤です。ジェルや固形に比べて効果は低いと言われていますが、鳩が嫌うミントなどの匂いを散布することで寄り付きにくくすることができます。

人間には悪影響を及ぼすことはなく、スプレーするだけでいいので手軽なのがポイント。しかし数時間しか効果はないので、鳩が来る時間帯に何度もスプレーしなくてはいけないというデメリットもあります。

ハトの駆除を格安に
優良な業者に依頼するなら


≫鳩駆除を依頼する≪
Webからでもお電話からでも問い合わせ可!