シロアリを自分でDIY駆除する方法はベイト工法とバリア工法で、どちらかというとベイト工法の方が簡単にできるのですが、バリア工法も一応は自分で作業可能です。また、どちらの方法を選択するにしても、まずは点検から始めなくてはいけません。

  • ヘッドライト
  • 防護服
  • ゴーグル
  • マスク
  • 軍手

を準備し、床下に潜れるように対策を立てましょう。さらに、薬剤の使用で自分が被害を受けないように細心の注意を払ってください。

一時的な効果しか得られない可能性が高い

自分でシロアリ駆除を行うことは、業者に依頼するよりも安く済ませられる、好きなタイミングで好きなように作業できるというメリットがある反面、完全にすべてのシロアリ、すべての巣を駆除することができない場合も多い、家の壁や柱を傷つけてしまうかもしれない、安全に正しく作業できない可能性が高いなどといったデメリットも存在します。

シロアリは1つでも巣を見逃してしまうとそこから繁殖してしまい、結局プロの手を借りなくてはいけなくなる可能性があるのです。

また、作業に入る前に薬剤をどこに撒くのがいいのか、シロアリはどのようなところに巣を作るのかなどを勉強する必要もあります。実際に作業する時間よりも、準備にかかる時間の方が長いことも少なくありません。そのため、自分で行うシロアリ駆除は一時的なものと考え、

必ず専門の業者に点検してもらう

ようにしましょう。

間違いの駆除方法

ついやってしまいそうになるのは、市販されている殺虫剤をシロアリに向かって吹きかけることです。スプレータイプの殺虫剤を常備している家庭が多いですが、シロアリ専用のスプレーでない限り効果は得られません。

逆に、殺虫剤に含まれている成分を避けて別のところに逃げられてしまうため、床下や天井の奥へとシロアリを追いやることになりかねません。そうなると被害の範囲が拡大し、駆除を依頼した時に高額な費用がかかることも少なくないのです。

また、殺虫スプレーには油分が含まれていますので、小さな羽アリが大量に柱や壁にくっついてしまいます。なかなか取れないので掃除にかなりの時間がかかってしまうことでしょう。

一時的なシロアリ退治方法は?

羽アリを見つけてもみすみす見逃すわけにはいきません。見つけた場所が浴室や玄関など水をかけても大丈夫な場所であれば、水やお湯を使って流してしまいましょう。

それ以外の場所では掃除機で吸い取ってしまうのが一番効果的かつ効率的です。シロアリは害虫としてはかなり厄介な存在ですが、1匹1匹は弱々しい昆虫なので掃除機に吸引されるときの圧力ですぐに死んでしまいます。

万が一吸引時に死ななくても、水分を取れなければ丸1日で死んでしまうので、24時間経過後に掃除機のゴミを取って捨ててしまえばOKです。

掃除機のコードが届かない場所にいた場合は、ガムテープなどに張り付けてそのままゴミ箱に捨ててしまいましょう。

ですがこうした手間を考えると、自分で駆除作業をされるよりはシロアリ駆除業者の選び方を参考にし、業者に依頼したほうが賢明であると言えますね。